旧館の部屋が夏の装いに 〈柊屋〉

くつろぎ、日本の旅館

Vol.1 柊屋

「来者如帰」。

柊屋の玄関に掲げられた額に書かれたこの言葉には、「我が家に帰ってきたときのようにくつろいでもらいたい」という思いが込められている。
柊屋では、創業以来この言葉を大切に、ひとりひとりの宿泊客をもてなしている。

そんな柊屋には「新館」と「旧館」の2つのタイプの部屋がある。
旧館は江戸末期から昭和までの風情が残る数奇屋造りで、古都・京都の旅情を存分に満喫したい方にオススメだ。
対して、新館は今の時代に合わせた設備と快適さがありながらも、柊家の伝統と変らぬおもてなしの心が感じられる。

旧館の夏座敷 旧館の夏座敷

現在、旧館の部屋は9月初旬までの期間限定で夏座敷のしつらいに衣替えしている。
風情あふれる空間で、日本ならではの夏のひとときをぜひとも感じてもらいたい。

 

お問い合わせ・ツアー企画化のご希望はこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

  1. 写真(c)Salon des Vacances 2019年2月7日~10日、ベルギーの首都ブリ…
  2. 2018年6月14日~17日に、香港最大の旅行博「香港国際旅行展示会(ITE)2018」が開催され、…
  3. デジタルコンテンツ事業、スタートアップ支援事業を手掛けるリベルタ株式会社が、地域の魅力をアドベンチャ…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

オススメ記事

  1. 2019-4-16

    欧州圏の富裕層インバウンド戦略においてウォッチしておきたいBtoC国際旅行見本市「Salon des Vacances」

    写真(c)Salon des Vacances 2019年2月7日~10日、ベルギーの首都ブリ…
  2. 2019-3-10

    香港富裕層の人気が高まりつつある日本への個人旅行(FIT)

    2018年6月14日~17日に、香港最大の旅行博「香港国際旅行展示会(ITE)2018」が開催され、…
  3. 2019-2-15

    アドベンチャートラベル視点で考える富裕層インバウンド戦略

    デジタルコンテンツ事業、スタートアップ支援事業を手掛けるリベルタ株式会社が、地域の魅力をアドベンチャ…
ページ上部へ戻る