富裕層ヨット「10の新機能」

かつてのヨットとは、カリブ海や地中海の敷地内のある島から別の島へチャーターして旅行する快適な方法にすぎなかった。しかし今では豪華になりラウンジとバーを備えた高速モーターヨットになっている。

所有者がより多くの投資をしていくにつれ、造船業者はスパ施設や、信じられないほどの量のプール等、業界独自のものを提供するように進化した。

スーパーヨットのセキュリティは、無人機(ドローン)の新しい脅威にも対応しており、設計者は外部環境と内部環境の境界を引き続き縮小するよう努力を続けています。技術革新は独特の方向でデザインを押し進め、豪華なヨットは21世紀よりも視覚的にも素晴らしく、最新のスーパーヨットに搭載されている10の新機能を紹介しよう。

1.スワロフスキークリスタルインテリア
ヨットでのライフスタイルは華やかさを増している。ボードやインテリアのいくつかがクリスタルや宝石を芸術的に使用するように設計されている。精巧な作りでメインサロンの前方壁に置かれたシャンデリアなどは日光をキャッチしてより輝く。

2.アンチ・ドローン・システム
安価で入手可能なドローンの使用に関する緩やかな規則のため、プライバシーとセキュリティはますます問題になっている。ドローンの防衛システムには、権限のないドローンからの信号が特殊なネットカノンに送信されて、攻撃対象のマシンを捕捉して取り出すことができる。

3.ダイブセンター
スーパーヨットの中には、海洋の健康を調査するために設計されたものもある。2017年後半に配信され、世界で最も遠い地域を探索するために作られた印象的なダイビングセンターだ。このスペースには、必要なすべての設備が整っていて、ニトロックスが豊富な空気システムが備わっている。

4.高度に熟練した乗組員
チャーター市場には、リラクゼーション、健康とフィットネス、ユニークなスキルを持つ多くの乗組員がいる。承認されたウォータースポーツセンターでジェットスキーライセンスを取得したり、PADI認定ダイビングセンターでスキューバダイビングを学んだり、栄養士、パーソナルフィットネストレーナー、ヨガインストラクター、マッサージ師または美容師のサービスを楽しむこともできる。

5.ガラス張りのプール
スイミングプールやジャグジーは外装デッキでも魅力的だ。イタリアの造船所Sanlorenzoは、52メートル(171フィート)のプールをデザインした。メインのデッキにはガラス張りのプールがあり、下のビーチクラブを照らす。

6.水中の「Nemo」ラウンジ
水中の “Nemo”ラウンジは、75メートルあり、Abeking&Rasmussenによって2018年中頃に発売された。水族館の水中ガラスのトンネルを通り抜けた経験と同じように、Nemoラウンジは、気象条件を気にせずに日中いつでも野生動物を観察することができる。

7.水力発電
Feadshipの83.5メートル(274フィート)の豪華なヨットサバンナは、World Superyacht Awards 2016でMotor Yacht of the Yearを受賞した。世界初のハイブリッドモーターヨット独自の水力推進システムを備えている。3つのディーゼルエンジン、3つの発電機、バッテリー、プロペラ、およびアジミングスラスタが、従来のエンジンと比べて30%の燃料経済を生み出す。エンジニアリングはますます重要で、化石燃料への依存を減らすために、電気推進システムと水素推進システムを組み込んだハイブリッド技術により市場はますます活気づくとみられている。

8.防弾ガラスとミサイル防衛システム
ヨットの建設は重要な投資であり、国際水域や遠隔地に向かうときは、船上のすべてのVIPが安全であるように設計されてる。ロシアの億万長者アンドレイ・イゴレビッチ・メリニェンコが保有するスーパーヨットのAには、40台のCCTVカメラ、ミサイル防衛システム、防空ガラスが設置されているという。

9.スーパーマーチマスト
現代のスーパーヨットは、快適な旅の手法として使用されなくなったデザインの境界を押し進めているが、デザイナーやエンジニアが最新のマテリアルを使用してドラフトを減らし、安定性を高め、モダンなマストと、軽い風でも使用できるセーリングプランを作り出している。マストは水面より100メートル以上上に塔を持ち、最大の帆は1,767m²/19,019ft²の帆を運んでいる。特別な工学技術として、セイルはボタンを押すだけで上下させることができる。

10.モーターヨットに乗るモーターヨット
いくつかの遠征ヨットは、潜水艦、ヘリコプター、および全地形の車両を含む、陸と海を移動できる追加の車両を保管するように設計されている。ヨットの中にモーターヨットを搭乗することもある。ポルシェは正式に1600万ドルのハイブリッドヨットを開始している。

ヨットの世界は新機能や技術を投入している。

参照:SCMP

ルート・アンド・パートナーズでは東南アジアや欧米豪の富裕層をはじめ、富裕層マーケティングリサーチや富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

  1. 写真(c)Salon des Vacances 2019年2月7日~10日、ベルギーの首都ブリ…
  2. 2018年6月14日~17日に、香港最大の旅行博「香港国際旅行展示会(ITE)2018」が開催され、…
  3. デジタルコンテンツ事業、スタートアップ支援事業を手掛けるリベルタ株式会社が、地域の魅力をアドベンチャ…

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

オススメ記事

  1. 2019-4-16

    欧州圏の富裕層インバウンド戦略においてウォッチしておきたいBtoC国際旅行見本市「Salon des Vacances」

    写真(c)Salon des Vacances 2019年2月7日~10日、ベルギーの首都ブリ…
  2. 2019-3-10

    香港富裕層の人気が高まりつつある日本への個人旅行(FIT)

    2018年6月14日~17日に、香港最大の旅行博「香港国際旅行展示会(ITE)2018」が開催され、…
  3. 2019-2-15

    アドベンチャートラベル視点で考える富裕層インバウンド戦略

    デジタルコンテンツ事業、スタートアップ支援事業を手掛けるリベルタ株式会社が、地域の魅力をアドベンチャ…
ページ上部へ戻る